丹南・来迎寺での文化財調査の成果を報告します!

文化財調査成果報告会 来迎寺の歴史と寺宝

丹南・来迎寺本堂

来迎寺の本堂

融通念佛縁起絵伝(両祖御絵伝)第六幅

融通念仏縁起絵伝(両祖御絵伝)の本尊感得場面

概要

 来迎寺は松原市丹南に所在する融通念佛宗の中本山格寺院です。中世から本山を支えてきた有力な講集団である六別時の一つ十箇郷別時の辻本寺院で、江戸時代には南河内に多くの末寺を抱え、丹南藩主高木家の菩提寺でした。
 松原市文化財保護審議会委員の西田孝司氏によるこれまでの調査で、本堂棟札や山門奉納の観音経などの史料が確認され、松原市周辺への融通念仏信仰の広がりや丹南藩の実態を知るうえでの重要さが指摘されてきました(松原歴史ウォーク187,188,189,205,226,260『広報まつばら』)。
 松原市教育委員会では、文化財総合調査により、文亀2年(1502)に真言僧の行慶が関わって制作された「融通念仏縁起絵巻」などこれまで来迎寺が寺宝として守り継いできた様々な文化財を確認することができましたので、成果報告会を開催いたします。
 また、来迎寺の歴史と寺宝をより深く理解いただくため、大阪歴史博物館副館長兼学芸課長の大澤研一氏に基調報告、各分野の報告後には松原市文化財保護審議会委員の西田孝司氏に総括のコメントをいただきます。

詳細

  • とき:令和元年12月14日(土曜日)午後1時30分から午後4時30分(午後1時から受付開始)
  • ところ:まつばらテラス(輝)  3階多目的ホール
  • 対象:80人
  • 申込み:不要。当日先着順。
  • 参加費:資料代100円
  • 主催:松原市教育委員会
  • 問合せ先:松原市教育委員会事務局文化財課
           電話:072-334-1550(代表)
          メール:bunkazai☆matsubara.osaka.jp(☆を@に変えて送信してください)

報告会のスケジュール

午後1時30分~開会挨拶と要旨説明
午後1時35分~ 基調報告「融通念佛宗の成立と六別時‐丹南来迎寺の歴史によせて‐」大澤 研一(大阪歴史博物館)
午後2時15分~ 報告「#1 絵画」高橋 平明(元興寺文化財研究所)
午後2時45分~ 報告「#2 彫刻」植村 拓哉(元興寺文化財研究所)
午後3時10分~ 休憩
午後3時20分~ 報告「#3 工芸品・石造物」角南 聡一郎(元興寺文化財研究所)
午後3時45分~ 報告「#4 位牌・聖教」三宅 徹誠(元興寺文化財研究所)
午後4時10分~ 総括  西田 孝司(松原市文化財保護審議会)
午後4時25分~ 質疑応答

まつばらテラス(輝)へのアクセス

所在地:〒580-0044 大阪府松原市田井城3丁目104番2

  • 近鉄南大阪線「高見ノ里駅」下車。北に徒歩約7分
  • 近鉄南大阪線「河内松原駅」下車。西に徒歩約10分

(注意1)自転車・単車は松原市文化会館横の駐輪場をご利用ください。
(注意2)専用の駐車場はございません。周辺の民間駐車場には限りがございますので、可能な限り公共交通機関をご利用ください。

このページに関するお問い合わせ先

松原市 教育委員会事務局教育総務部 文化財課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)