松原市史資料集 第13号 丹南天満宮本殿修理工事の調査研究

(たんなんてんまんぐうほんでんしゅうりこうじのちょうさけんきゅう)

 

 当号は、市内丹南に所在する丹南天満宮本殿の解体修理工事に伴う調査報告書である。

 丹南天満宮本殿は東向きの三間社 流造 檜皮葺の建物で、市内でも有数の貴重な建築文化財である。

 建築年代は不詳ながら、室町・桃山時代の建築様式の流れを残す江戸時代初期の建築と考えれている。

 本号は江戸時代初期の神社建築を解明するうえで貴重な一書である。

松原市史資料集第13号丹南天満宮本殿修理工事の調査研究の写真
松原市史資料集第13号丹南天満宮本殿修理工事の調査研究の写真

内容

口絵写真(カラー)

丹南天満宮本殿 竣工正面

  • 第一章 建造物の概要
    • 第一節 創立沿革
    • 第二節 規模
    • 第三節 構造形式
  • 第二章 調査事項
    • 第一節 破損調査
    • 第二節 設計寸法について
    • 第三節 形式技法
  • 第三章 修理工事の概要
    • 第一節 工事の仕様
    • 第二節 現状変更の要旨
  • 第四章 発見銘文等について
  • 第五章 本殿の建立年代について

写真

図面 体裁:A4判 頁30 図26 写真128
執筆・編集:櫻井敏雄
発行:昭和57年(1982)3月30日
価格:1,200円

このページに関するお問い合わせ先

松原市 教育委員会事務局教育総務部 文化財課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)