7月の生活

まつばらの民話をたずねて

私たちの暮らしや生活様式、子どもたちの遊びなど、時とともに変わってきました。その月々の生活や行事など、昔はこんなことがあったのかと、今では懐かしいと思う行事や遊びなどを紹介していきます。

7月の生活

文月の文字
七夕の笹飾り、7月のイメージイラスト

 松原では7月3日の半夏至(はげっしょ)迄に田植えを終える事が一般的でした。例外として『だんごだ』『ひやけの土地』と呼ばれる田がありました。名前の由来は、半夏至のだんごを食べてから(田植えの時期が終わる)でないと田植えが出来ない所からだんごだと呼ばれ、もう一方は土地に水分が無く乾いた土地の意味で、ひやけの土地の通称名となったようですが、どちらも水入れが不便な水田の呼び名となっています。

 さて、半夏至とは松原の人々にとって半夏至のだんごを作る日のことで、田植えまつりであったり、田植え終了休みでもあったりしました。この半夏至のだんごのことを松原では『あかねこ』といいます。このあかねこの餅は、私が調べたところでは二年前までは、半夏至が近づくと天美の市場のだんごや(和菓子店)で、だんご(小餅)にせずあかねこの姿で売っていました。しかし、この市場がスーパーになって以来、残念ながら見つける事はできていません。時々売っているらしい情報をいただきますが、本来の『あかねこ』ではなく、白い美味しいお餅に出会います。半夏至だんごは、小麦のカスを付けたまま粉砕器又は臼でひいた小麦粉を使います。蒸籠の上に餅米を敷き、その上に半夏至の小麦粉(少し薄い小豆色の粉)を練って小分けをしてのせます。それを蒸したものを杵でついた後、きな粉を敷いたもろ板のうえに杵でついた餅をおきます。この姿があかねこが座った姿に似ているところからこの餅を『あかねこ』とよびます。この時に数日で食べ終わるものは、ちぎってだんごにして、「田植えがすんだ(終わった)よって半夏至のだんご作りました」と言って、親戚などへ持って行ったり貰ったりしました。
保存するものは、そのまま壷の中へ入れます。何日かするとカビが生えるので上のカビをこさぐ(削る)ように取り、食べるときに食べる量だけ取ってだんごにし、きな粉を付けて食べます。この発酵した『あかねこ』は特に美味しくこの味を『ヒスイ』といいます。ヒスイとは松原の方言で酸っぱいの味をまろやかにした味で、みかんはスッパイといい、あかねこはヒスイ味と表現します。ヒスイは麹の味がします。ちなみに『しがつさんにち』と『春ゴト』のアエモチ、草餅は小麦粉を使用しませんが、正月の『あも』(もち)で『こむぎだんご』(おかき用の餅)は小麦粉をいれました。また半夏至の日は蛸ごはんを食べるところもありました。何故か判りませんが、この日に蛸ご飯を食べると稲の生育が良くなり、収穫が増えるとの言い伝えがあります。

 また、7月7日は七夕の行事がありましたが、村の行事ではなく個人や友達仲間、尋常小学校で行いました。七夕の細い竹は松原にはあちらこちらの空き地や水路脇に雑木と一緒にたくさん生えていました。男の子達は『肥後の守』と呼ばれるナイフを持っていて、このナイフで竹を切りますが、このナイフは大層切れ味が良く、小学校に入ると鉛筆を削るとか、能力にあわせて川魚を捕る矢や玩具などの製作など用途が広く、現在六十歳代以上の人の子供時代は片手程度の長さの紐でナイフをくくり、腰にゆわえ付けて常用した身近な道具でした。七夕の竹を持ち帰る時や川へ流しに行く時に、天美城連寺地区では「七夕さん、ほうずきとっても、だんないか、あんまりとったら、もったいない」と唄いながら歩いたようです。ほうずきは家の前の畑に植えている家庭が多く、七夕のためにではなく仏壇、星、月、等への供え物や子供が口の中で音を出す玩具等になりました。また真偽のほどは判りませんが、ほうずきの実や朝顔の種は民間堕胎薬となり、七夕辺りから十ヶ月過ぎた頃が田植えや草取りなどの一番忙しい時期にあたるので、嫁の身を案じて飲ませた。だからこの二つは花市で売らず、神社仏閣の門前で売ると語る民話が、多くの土地で発生しています。

その他に雨喜びの日がありました。7月~8月にかけて作物のために雨が欲しい時に雨が降ると半日休み、また日照りの時に雨が降ると、農業委員のような役の人達が話し合って村長の許可を得ると、役場の小使いさんと呼ばれていた今の用務員さんが「今日は昼から雨喜びやでえー、明日も一日休みやでえー」と言って村中を大声でまわっていたそうです。

大阪府文化財愛護推進委員 加藤 孜子(あつこ)

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市長公室 観光・シティプロモーション課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)