9 立部古墳群の築造

検出された立部古墳群跡の画像

検出された立部古墳群跡(松原市史編纂室)

つぶされ、地下に埋没した古墳

 松原の東隣りの羽曳野市や藤井寺市には、4世紀末から6世紀前半に至る約150年間に、津堂(つどう)城山古墳や誉田山(こんだやま)古墳(応神(おうしん)陵古墳)など大王墓の伝承を持つ巨大前方後円墳から10メートルに満たない小方墳まで約百基で形成される古市古墳群があります。
 西隣りの堺市にも、5世紀代を中心として大仙陵(だいせんりょう)古墳(仁徳陵古墳)・上石津(かみいしづ)ミサンザイ古墳(履中(りちゅう)陵古墳)・田出井山(たでいやま)古墳(反正(はんぜい)陵古墳)など、やは100基ほどの大小の古墳で構成される百舌鳥(もず)古墳群があります。
 これに対し、両古墳群に挟まれた松原では、墳丘全長335メートルの巨大前方後円墳の河内大塚山古墳(西大塚1丁目)と、同じく前方後円墳と推定される一津屋(ひとつや)古墳(一津屋5丁目の厳嶋(いつくしま)神社境内)の2基のみが、現存しているにすぎません。ですから、これまで「松原には古墳が少ない」とみられてきました。
 ところが最近、市内各地で後世に墳丘を削平された古墳や、古墳に置かれた円筒埴輪(えんとうはにわ)・形象埴輪も数多く検出されるようになりました。もともと、松原には近世の文献や絵図・地籍図から、三宅中6丁目の権現山(ごんげんやま)古墳跡(前方後円墳)や天美西1丁目付近の狐塚(きつねづか)古墳跡(前方後円墳)などの存在も知られていました。
 1990年(平成2年)、松原市教育委員会は立部3丁目の大塚青少年運動広場の施設整備工事に先立って埋蔵文化財の試掘調査を行いました。その結果、古墳時代から中世に至る遺構や遺物がたくさん見つかりました。とくに、古墳がまとまって7基も検出され、立部古墳群と名づけられました。河内大塚山古墳が北東300メートルの近さで望まれます。
 各古墳は、いずれも周溝をもつ円墳1基、方墳6基で構成されていました。円墳は径12メートルで、周溝内から円筒埴輪や大刀の形象埴輪が出土しました。6基の方墳は1辺4メートルから5メートルぐらいから、最大で1辺10メートルほどの小規模なものですが、隣接して築かれており、周溝を共有しています。とくに、6号方墳の周溝からは朝顔形円筒埴輪、甲冑(かっちゅう)形埴輪(三角板鋲留短甲(さんかくいたびょうどめたんこう)と肩甲(かたよろい)および草摺(くさずり)の部分)、須恵器(すえき)の坏(つき)が出土しました。
 ただ、いずれの墳丘も中世までに田畑などの開墾で完全に削平されており、地下に埋没していました。その築造時期は、6号方墳が5世紀末から6世紀初頭、円墳および他の方墳は6世紀中頃と考えられます。6号方墳がまずつくられ、円墳を盟主とした2世代ほどの小豪族がそこを墓域としたのでしょう。
 市内ではほかにも、ゆめニティまつばら近くの上田5丁目に全長220メートルにおよぶ前方後円墳の山ノ内古墳(全壊)があったと想定されています。また、一津屋古墳の北側には前方後円墳の川ノ上古墳(全壊)が存在していました。同古墳からは人物形埴輪・馬形埴輪・蓋(きぬがさ)形埴輪・円筒埴輪・土師器(はじき)・須恵器など数多くの副葬品が検出されました。
 今後とも各地で、発掘調査が進むにつれ、墳丘が削平された古墳がまだまだ見つかる可能性があります。

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市長公室 秘書課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)