業務用冷蔵・冷凍機や業務用エアコンを使用する皆さんへ

エアコンや冷凍・冷蔵庫の冷媒として使われている「フロン類」は、地球温暖化に与える影響が大きく、大気への排出を抑制しなければなりません。

フロン排出抑制法では、フロン類を使用した機器の管理者に対し、以下のような適正管理の義務が新たに盛り込まれています。

  • 3カ月に1回以上の頻度で使用者などで目視点検すること(簡易点検)
  • 大型機器は専門業者による点検を行うこと(定期点検)
  • 点検や充填回収の記録を機器の廃棄時まで保存すること

また、フロン排出抑制法が改正され、対象機器を廃棄する場合は、機器の管理者は上記の義務に加え、産業廃棄物処分業者等への引渡し時、フロン回収済み証明書を交付することになります。(施行は公布の日(令和元年6月5日)から起算して1年以内)

詳しくは、大阪府のホームページをご覧いただくか、以下の問合せ先までご相談ください。

問合せ先

大阪府産業廃棄物指導課

電話:06-6210-9570

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民生活部 環境予防課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)