心肺蘇生法(ガイドライン2015)

AEDを用いた心肺蘇生法(ガイドライン2015)

AEDを用いた心肺蘇生法

安全の確認

誰かが突然倒れるところを目撃したり、倒れているところを発見した場合は、近寄る前に周囲の安全を確認します。

反応(意識)を確認する

周囲の安全が確認できたら、傷病者に近寄り反応(意識)を確認します。

反応の確認の写真

耳もとで「大丈夫ですか」または「もしもし」と呼びかけながら肩をたたき、目を開けたり反応があるかないかを確認します。

反応があれば

傷病者の訴えを聞き、必要な応急手当を行います。

反応がなければ

反応がない、あるいはその判断に自信が持てないときはすぐに助けを求めます。

119番通報と協力者への依頼

周りの人に助けを求めるの写真

傷病者に反応がなければ大きな声で、協力者に「あなたは119番へ通報して下さい」

別の協力者には「あなたはAEDを持ってきて下さい」と具体的に依頼します。

呼吸の確認

傷病者が「普段どおりの呼吸」をしているかどうかを確認します。

呼吸の確認の写真

傷病者のそばに座り、10秒以内で傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て、「普段どおりの呼吸」をしているかを判断します。

呼吸があれば

反応はないが「普段どおりの呼吸」をしている場合は、吐物による窒息を防ぐため、傷病者を回復体位にします。

回復体位の写真
回復体位とは

下あごを前に出し、上側の手の甲に傷病者の顔をのせます。

さらに、上側の膝を約90度曲げて傷病者が後ろに倒れないようにします。

呼吸なし

傷病者に「普段どおりの呼吸がない」あるいはその判断に自信がもてない場合は、すぐに胸骨圧迫を行います。

胸骨圧迫

胸骨圧迫の写真

胸骨の真ん中を重ねた両手で、「強く、早く、絶え間なく」圧迫します。

胸骨圧迫の写真

肘をまっすぐに伸ばして手の付け根の部分に体重をかけ、傷病者の胸が約5センチメートル沈むまで。

1分間に少なくとも100回から120回のテンポで絶え間なく30回圧迫します。

圧迫と圧迫の間は、十分に力を抜き、胸が元の高さまで戻るようにします。

人工呼吸

30回の胸骨圧迫が終わったら直ちに気道を確保(空気が口や鼻から肺に達するまでの通路を開く)し人工呼吸を行います。

気道確保の写真

片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先にあてて、頭を後ろにのけぞらせ、あご先を上げます。

人工呼吸を行います。

人工呼吸の写真

 気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で鼻をつまむ。

口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、1回1秒かけて傷病者の胸の上がりが見える程度の量を2回吹き込みます。

うまく胸が上がらない場合でも、吹き込みは2回までとしすぐに胸骨圧迫に進みます。

このとき、胸骨圧迫の中断時間が10秒以上にならないようにします。

心肺蘇生の継続

人工呼吸終了後、すぐに胸骨圧迫を行う。

胸骨圧迫の写真
人工呼吸の写真

胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行います。

(30:2のサイクル)

(注意)人工呼吸ができない場合は胸骨圧迫のみを行います。

(注意)救助者が2人以上いる場合は、1~2分を目安に交代します。

心肺蘇生の中断

救急隊に引継ぐまで、または傷病者が目を開けたり、「普段どおりの呼吸」が出現したとき。

傷病者が目を開けたり、「普段どおりの呼吸」がある場合は、回復体位にして経過を観察する。

AEDが到着したら

AED(自動体外式除細動器)の使用方法

心肺蘇生法を行っている途中で、AEDが届いたらすぐにAEDを使う準備を始めます。

AEDにはいくつかの種類がありますが、どの機種も同じ手順で行えるようになっています。AEDは電源が入ると音声メッセージとランプで、あなたが実施すべきことを指示してくれますので、落ち着いてそれに従ってください。

AEDを傷病者の頭の横に置きます。

AEDのふたを開け電源ボタンを押します。

ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。

その後は音声メッセージに従ってください。

AED電極パッド貼り付けの写真

傷病者の衣服を取り除き、胸部を裸にします。

胸部に何もない事(アクセサリー、ペースメーカー、濡れている等)を確認し、電極パッドを傷病者の胸部にしっかりと貼り付けます。貼り付ける位置は、電極パッドに絵で表示されますので、それに従って下さい。

AEDパッドのコネクター接続の写真

電極パッドを貼り付けた後、パッドのコネクターをAED本体の差込口(点滅している)に入れます。

電極パッドを貼り付けると「体に触れないで下さい」などの音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。

このとき、感電の恐れがあるため、「皆さん、離れて!!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認します。

ショックボタンを押すの写真

AEDが電気ショックを加える必要があると判断すると、「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始まります。

充電には数秒かかります。

充電が完了すると、「ショックボタン(オレンジボタン)を押してください」などの音声メッセージが流れ、電気ショックを実施することができます。

胸骨圧迫の写真

電気ショック後は、AEDから「すぐに胸骨圧迫を開始して下さい」等の音声メッセージが流れます。

心肺蘇生法再開

心肺蘇生法後は、AEDの音声メッセージに従って下さい。

AEDの使用上の注意点

  1. AEDは全年齢に使用できます。
  2. 成人用と小児用の2種類の電極パッドが入っている場合や、成人用モードと小児用モードの切り替えがある場合は、小学生以上には成人用の電極パッド(成人用モード)を使用し、未就学児には小児用の電極パッド(小児用モード)を使用して下さい。
  3. 成人には、小児用電極パッド(小児用モード)を使用しないで下さい。
  4. AEDが心電図を解析している時、電気ショックを行う時は、絶対に傷病者に触れないで下さい。
    電気ショック時に傷病者に触れると、感電の恐れがあります。
  5. 上記のAED取り扱い説明は、最新のAEDでの手順に沿ったプログラムになっています。

現在設置されているAEDには、上記の取り扱いと違う場合がありますが、大切なことはその機種のメッセージに従って、電気ショックを行うことです。

これらが応急手当(AEDを用いた心肺蘇生法)の、おおまかな一連の流れです。

このページの説明だけでは、まだまだ不十分です。

消防署では、毎月19日に普通救命講習会を開催しています。

正しい応急手当の知識と技術を身につけるため、ぜひご参加ください。

このページに関するお問い合わせ先

松原市 消防本部
〒580-0043
大阪府松原市阿保1丁目16番2号
消防本部 消防署 072-332-3104
電話:072-332-3102(代表)