「新型コロナウイルスに便乗した詐欺」等の特殊詐欺に要注意!!

特殊詐欺とは

犯人が電話やハガキ等で親族や公共機関(警察、市役所)の職員等を名乗って、被害者を信じ込ませ、現金やキャッシュカードをだまし取ったり、医療費の還付金が受け取れる等と言ってATMさせ、犯人の口座に送金させる犯罪(隙を見てキャッシュカード等をすり替えて盗み取る詐欺等(窃盗)を含む。)のことです。

松原市内の被害状況について

松原市特殊詐欺被害状況(警察統計)
  被害件数 被害金額(千円)
平成27年 22 約44,000
平成28年 15 約46,000
平成29年 28 約40,000
平成30年 30 約30,000
令和元年 47 約45,000

松原市内の特殊詐欺による被害が深刻になっています。こうした特殊詐欺に遭わないようにするために、青色防犯パトロール車両による注意喚起、銀行や病院等での啓発活動など、特殊詐欺の被害を防止するため対策を行っています。松原市、松原警察、松原市セーフコミュニティ犯罪の防止対策委員会でも特殊詐欺を防止するための対策を継続して行っていきます。

新型コロナウイルスに便乗した詐欺に注意!

新型コロナウイルスに便乗した詐欺の手口が増加しています。実際にあった手口をご紹介しますので、皆様もご注意ください。

※実際にあった不審な電話

1.自治体職員を名乗り、

「新型コロナウイルスの関係で、70歳以上の方に支援金が出ます」

2.息子を名乗り、

「コロナにかかったかもしれない。また、病院で受診した後、電話する」

3.業者から、

「コロナウイルスが下水管に付いています。洗浄するのに、〇万円かかります」

など

新型コロナウイルスの関係で不審な電話があれば、一度電話を切り、家族や松原警察署等にご相談してください。

給付金に伴う不審なメール等が発生しています!

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連の一つとして、現在、総務省が進めている給付金ですが、国、警察から注意喚起がなされております。

※携帯電話会社をかたった不審なメールの内容(一例)

「給付金10万円配布につき、お客様の所在確認。現金給付が決定した件でご案内がございます。携帯電話キャリア会社を通し、国民の皆様へ配布していく事となりました。詳細確認とお手続きは下記URLへアクセス」等

すでに、こうした給付金に関する不審なメール等の詐欺の疑いがあるものが出てきています。現段階では、皆様へ給付に関するご連絡を行う段階ではなく、市区町村や総務省などが、皆様の世帯構成、銀行口座の番号などの個人情報を電話、メールなどでお問い合わせすることはありません。

ATM(現金自動預払機)の操作をお願いしたり、「給付金」の給付のために、手数料の振り込みを求めることなどはありませんので、ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、松原市役所、松原警察署にご連絡ください。

特殊詐欺等の詳細につきましては、下記のリンク先を参照ください。

大阪府警察(特殊詐欺とは)ホームページ

https://www.police.pref.osaka.lg.jp/seikatsu/tokusyusagi/8083.html


総務省 ホームページ

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民協働部 市民協働課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)