防犯対策事業

安心・安全なまちづくりの推進

幹線道路防犯カメラ設置事業の推進

松原市では、安心・安全なまちづくり活動の一環として、セーフコミュニティ活動を推進しています。その一環として他の自治体に先駆けて、警察と協議のうえ、平成27年度に主要幹線道路の交差点に無線式防犯カメラを25台設置し、他市からの犯罪の流入を未然に防ぎ、犯罪の起こりにくい防犯環境を整えています。さらに、松原警察署と防犯カメラの協定を締結し、警察と連携を図っており、被疑者の早期、発見・検挙にも繋がっています。

 

市内4駅前街頭防犯カメラ設置事業の推進

平成22年、平成23年2月から河内松原駅前、河内天美駅前、布忍駅前、高見ノ里駅前に街頭防犯カメラを設置しています。平成28年度から計画的に防犯カメラを更新し、幹線道路と同様に無線式防犯カメラを設置しました。このことにより、犯罪の抑止にも繋がるとともに、警察への捜査協力がさらにスムーズとなりました。

 

地域防犯カメラ設置費及び維持管理費の補助

町会等が地域における犯罪の防止を目的として設置する防犯カメラの設置及び維持管理に要する費用の一部を補助します。

  • 設置費補助 補助額は経費の二分の一に相当する額(その額に100円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額) 。ただし、補助限度額は1台あたり20万円。
  • 維持管理費補助 当該年度の電気料金の総額(その額に100円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)                        

(注)申請につきましては、原則、町会単位となります。

 

防犯灯設置費及び維持管理費の補助

町会等が地域における犯罪の防止を目的として設置する防犯灯の設置及び維持管理に要する費用の一部を補助します。

  • 設置費補助 補助額は経費の二分の一に相当する額 (補助限度額は1灯あたり2万円)
  • 維持管理費補助 当該年度の電気料金相当額                        

(注)申請につきましては、原則、町会単位となります。

 

松原防犯協議会

「松原防犯協議会」は、市長委嘱を受けている防犯委員約240名(令和2年4月現在)で組織しています。
市内の7つの支部で活動し、その費用の一部を市が支出しています。


松原防犯協議会の主な活動 

  • ひったくり撲滅活動
  • 夏、年末等の季節防犯活動
  • 暴走族追放運動
  • 防犯診断、暗がり診断、講習会等の開催
  • 全国、地域安全運動
  • 少年の危険な遊び(火遊び、シンナー吸引)の防止
  • 侵入盗犯の防止

その他、市、大防連、他団体が実施する事業への協力

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民協働部 市民協働課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)