所得税の確定申告をすれば、市・府民税の申告はしなくてもよいのでしょうか

市・府民税の申告をする必要はありません。税務署に所得税の確定申告をされた場合には、納税者への負担を軽減するため、所得税の確定申告書は個人の市・府民税の申告書を兼ねていますので市への申告は必要ありません。税金の還付を受けるための申告(医療費控除や住宅借入金等特別控除など)についても、確定申告(還付申告)を税務署に提出されますと所得税と市・府民税の両方について反映されます。

逆に市・府民税の申告だけでは、所得税には反映されませんので、所得税が関係される人は、確定申告が必要です。なお、昨年収入がない場合は通常、市・府民税申告の必要はありませんが、保育所(園)入所や健康保険、就学援助金申請などの関係で課税(所得)証明が必要になることから、市・府民税の申告が必要になる場合があります。

また、税務署への申告が必要でない場合でも、一定の所得があれば、市・府民税の申告をしていただく必要があります。

問合せ

課税課

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市長公室 秘書広報課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)