水洗化工事の流れと指定業者について

水洗化工事の流れ

排水設備の設置と水洗トイレへの改造

  公共下水道が整備されて供用開始された区域では、すみやかに下水(トイレの汚水と台所等の雑排水)を公共下水道管に流入させるため、排水設備を設置していただかなければなりません。これは下水道法第10条(排水設備の設置等)により定められています。
 また、くみ取り便所については、3年以内に水洗トイレを設置し、公共下水道へ接続していただかなければなりません。これは下水道法第11条の3により定められています。

下水道法

第10条(排水設備の設置等)

 公共下水道の供用が開始された場合においては、当該公共下水道の排水区域内の土地の所有者、使用者又は占有者は、遅滞なく、次の区分に従つて、その土地の下水を公共下水道に流入させるために必要な排水管、排水渠その他の排水施設(以下「排水設備」という。)を設置しなければならない。ただし、特別の事情により公共下水道管理者の許可を受けた場合その他政令で定める場合においては、この限りでない。

一 建築物の敷地である土地にあつては、当該建築物の所有者

建築物の敷地でない土地(次号に規定する土地を除く。)にあつては、当該土地の所有者

三 道路(道路法(昭和二十七年法律第百八十号)による道路をいう。)その他の公共施設(建築物を除く。)の敷地である土地にあつては、当該公共施設を管理すべき者

2 前項の規定により設置された排水設備の改築又は修繕は、同項の規定によりこれを設置すべき者が行うものとし、その清掃その他の維持は、当該土地の占有者(前項第三号の土地にあつては、当該公共施設を管理すべき者)が行うものとする。
3 第一項の排水設備の設置又は構造については、建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)その他の法令の規定の適用がある場合においてはそれらの法令の規定によるほか、政令で定める技術上の基準によらなければならない。

第11条の3(水洗便所への改造義務等)

処理区域内においてくみ取便所が設けられている建築物を所有する者は、当該処理区域についての第九条第二項において準用する同条第一項の規定により公示された下水の処理を開始すべき日から三年以内に、その便所を水洗便所(汚水管が公共下水道に連結されたものに限る。以下同じ。)に改造しなければならない。

2 建築基準法第三十一条第一項の規定に違反している便所が設けられている建築物の所有者については、前項の規定は、適用しない。
3 公共下水道管理者は、第一項の規定に違反している者に対し、相当の期間を定めて、当該くみ取便所を水洗便所に改造すべきことを命ずることができる。ただし、当該建築物が近く除却され、又は移転される予定のものである場合、水洗便所への改造に必要な資金の調達が困難な事情がある場合等当該くみ取便所を水洗便所に改造していないことについて相当の理由があると認められる場合は、この限りでない。
4 第一項の期限後に同項の違反に係る建築物の所有権を取得した者に対しても、前項と同様とする。
5 市町村は、くみ取便所を水洗便所に改造しようとする者に対し、必要な資金の融通又はそのあつせん、その改造に関し利害関係を有する者との間に紛争が生じた場合における和解の仲介その他の援助に努めるものとする。
6 国は、市町村が前項の資金の融通を行なう場合には、これに必要な資金の融通又はそのあつせんに努めるものとする。

 

水洗化工事の手順

 トイレや雑排水を公共下水道に接続する工事を、排水設備工事もしくは水洗化工事と言います。

くみ取り便所及びし尿浄化槽を改造する場合・・・使用開始までの一般的な流れ

1.公共ますの有無確認

 道路境界から1メートル以内の宅地内に公共ますが設置されています。これがないと工事を始めることができません。公共ますが見当たらない場合は、松原市(上下水道管理課)までお問い合わせください。

2.工事の申し込み

 排水設備工事は、かならず松原市の排水設備工事指定業者に申し込んでください。指定業者以外で工事されますと違反工事となり、適正な工事であるかの審査が出来ず、後々まで問題が残ります。

松原市排水設備工事指定業者一覧(PDFファイル:263.6KB)

3.工事の見積りを頼む

 排水設備や排水管を通す場所、水洗トイレの種類等の希望を指定業者に伝え、十分に打ち合わせて見積りをとってから、契約をしてください。また、出来る限り2社以上で見積りをとって下さい。

4.工事の確認申請

 工事を始める前に「排水設備等工事計画確認申請書」を市へ提出してください。確認申請書の作成・提出は指定業者が代行しますので、あなた自身で内容を良く確かめたうえで、署名押印を行ってください。(改造資金助成や融資あっ旋を利用される方は、同時に申請してください。)

5.確認書の交付

 排水設備の構造が基準に適合するかどうか審査します。適正な場合は確認書の交付を行います。

6.工事の実施(施工)

 指定業者と工事日程等を確かめて工事を始めてください。工事期間は2~4日ぐらいですが、便所が使えないのは1~2日程度です。(なお、融資あっ旋を申し込まれた方は、金融機関の承認がおりてから工事を始めてください。)

7.工事の完了

 排水設備工事が完了しましたら工事完了の届出書類に署名押印してください。

8.完了検査(使用開始)

 指定業者の立会いのもとで当市の検査員が検査(再検査を含む)を行います。合格すれば「排水設備検査済証」のシールをお渡しします。(道路から見える位置で、ポストもしくは玄関付近に貼り付けをお願いします)

不合格の場合は、指定業者に対して手直し等を指示し再検査を行います。

9.工事代金の支払

 工事代金は、検査合格した後に指定業者にお支払いください。融資あっ旋を利用される方については、検査合格後に市から申し込みされた金融機関へ完了報告をします。その後、金融機関より連絡がありますので、連帯保証人と共に契約していただくことになります。

公共下水道への接続に伴う最終くみ取りについて

 排水設備工事により公共下水道へ接続する際に伴う、くみ取り便槽やし尿浄化槽汚泥の最終汲み取りは、当市の許可業者でお願いします。し尿汚泥は一般廃棄物として処分する必要があり、適正な処理が必要です。その手続きにつきましては、排水設備工事の指定業者が最終くみ取りの申請も代行します。

 なお、汲み取り業者についてのお問い合わせは、環境政策課までお問い合わせください。

 また、既存住宅の取り壊し等でも最終汲み取りの手続きが必要な場合がありますので、取り壊し等の前に環境政策課へご確認ください。

 

 

 

排水設備等工事指定業者

 排水設備工事の施工が不完全だと、宅内の配管や下水道管が詰まったり、臭気やガスが家の中に入り込むといったことが起こります。そこで、当市では、工事を適正かつ安全に進めるため、一定の要件を備えている業者を排水設備工事指定業者として登録しています。指定業者に工事を依頼されますと市への必要な手続きを代行していただけます。

松原市排水設備工事指定業者一覧(PDFファイル:263.6KB)

(一覧を読まれたあと、左上の「⇐戻る」ボタンをクリックするとこのページに戻ります。)

このページに関するお問い合わせ先

松原市 上下水道部 上下水道管理課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)