パスポート(査証欄増補申請)について

査証欄増補申請(増補申請)

対象

  • 有効なパスポートの査証(VISA欄)欄のページを追加する場合の申請です
  • 有効期間中につき1回に限り申請し増補することができます
  • 有効なパスポートの提出がないと受け付けはできません

注意

  • 新規にパスポートを申請するときにあらかじめ査証欄を増やしておくこともできます
  • 有効なパスポートの査証欄が少なくなった場合は、新しく作り直す「切替新規」と現在お持ちのパスポートに査証欄だけを増やす「増補」の方法があります。残りの有効期限を考慮してどちらかを選んでください

申請にあたって

  • 申請者ご本人に代わって代理人が、申請書類等を提出することができますが、その場合でも申請者自身で記入していただく項目がありますので必ず申請書等でご確認ください。また、申請書表面下段の「申請書類等提出委任申出書」を記入してもらう必要があります。「申請者記入」欄は申請者ご本人が記入し、「引受人記入」欄は代理人が記入してください。ただし法定代理人(親権者または後見人)が提出する場合は「申請書類等提出委任申出書」の記入は不要です。また別途代理人の本人確認書類も必要になります。(代理提出についての詳細は大阪府パスポートセンター『代理提出』をご覧ください)
  • 未成年者や成年被後見人が申請する場合は、申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者や後見人の自筆署名が必ず必要になります。(未成年の提出については大阪府パスポートセンター『未成年者の申請』をご覧ください。)
  • 増補申請に関しては代理人によるパスポートの受領が可能となっています。この場合、申請時にお渡しする「一般旅券(パスポート)引換券」の中段「代理受領される場合」を申請者ご本人が「旅券名義人署名」および「指定される者(代理人)の氏名、生年月日、住所、旅券名義人との関係」 欄に署名、必要事項を記入してください。なお、お受け取りの際は代理人の本人確認書類(運転免許証、国民健康保険証など)が必要です。
  • 損傷していたり査証欄の最終ページ(表裏の少なくとも一方)に有効査証(VISA)がある場合は、増補できない場合があります。

申請するにあたり必要な書類(有効なパスポートの提出がないと受け付けできません)

申請するにあたり必要な書類
必要な書類 必要数 説明
一般旅券査証欄増補申請書 1通 窓口でお渡しします。
パスポート 1通 申請者ご本人の有効なパスポート

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民生活部 窓口課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)