第11回大阪府の交通安全高齢者自転車大会で松原在住の74歳男性が優勝しました(平成27年11月26日)

第11回大阪府の交通安全高齢者自転車大会で大阪府初セーフコミュニティ国際認証都市松原在住の74歳男性が優勝しました!(平成27年11月12日)

 松原市は、平成25年11月大阪府初セーフコミュニティ国際認証都市となり、事故やけが等を予防し、安心・安全なまちづくりに市民と協働で取り組んでおります。このセーフコミュニティに取り組む6つの対策委員会のひとつである交通安全対策委員会では、子どもや高齢者の自転車乗用中の事故の割合が高いという課題を受け、自転車の交通ルール・交通マナーの啓発に取り組んでいます。

 このような取り組みを進めている本市の老人クラブ会員が、平成27年11月23日(祝日)に大阪府自転車安全教育推進委員会(一般財団法人大阪府交通安全協会)が主催した第11回交通安全高齢者自転車大会で優勝及び5位入賞しました。

 本市の老人クラブでは、警察署から自転車安全利用指導員として24名の委嘱を受け、自転車の交通ルール・交通マナー向上に向けて、市内各地域で自転車の安全な乗り方などの講習を実施するとともに、平成26年度より松原市交通安全元希者クラブ(老人クラブ)自転車大会を開催しており、平成27年10月27日の大会の上位4名が今大会に出場しました。

問合せ

高齢介護課・市民協働課

第11回交通安全高齢者自転車大会の様子の写真