市長の部屋

ようこそ!市長室へ

 市長からのメッセージ

   
    皆さんこんにちは。松原市長の澤井宏文です。
    令和2年7月豪雨により、お亡くなりになられた方々に心から哀悼の意を表しますとともに、被害にあわれた方々の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
    この度政府が発表しました避難情報において、災害時に市町村が出す避難情報のうち『避難勧告』を廃止し『避難指示』に一本化するとのことでした。
    同じ警戒レベルの中に避難勧告・指示があり、違いも分かりにくく避難に対して誤解を招くことがあるためです。
    以前から市政報告会等で松原市の方針をお伝えしていましたが、緊急時にはより伝わりやすい方法として『サイレン』を鳴らします。(これは直ちに避難『避難指示』ということです!)
    残念ながら地震は早い段階では予測できないことから、我々が予測できるのは台風や大雨だけです。
    ですから、避難のサイレンが鳴って皆さんが逃げる避難所は、浸水想定区域外の避難所となります。
    分かりやすく言うと、水害の時だけを意識していただければ緊急対応(命を守る行動)ができます。
    それ以外の災害は近くの避難所のどこへ避難していただいてもかまいません。(もちろん地震時の避難経路・約束事等は家族で話し合ってください)
    大切な事は準備・備えをしていれば、命は守れるということです!
    ぜひ今から命を守る備えをしてください。

令和2年9月1日
松原市長  澤井宏文

WHO『セーフコミュニティ』国際認証都市まつばら
全国初となる全小中学校での『インターナショナルセーフスクール』の国際認証を目指します‼
『みんなでつくる 安心・安全なまちづくり』

・過去の新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージはこちら