市長の部屋

ようこそ!市長室へ

市長からのメッセージ

 

    皆さんこんにちは。松原市長の澤井宏文です。
    3度目の緊急事態宣言が発令されました。
    大阪府の重症病床のひっ迫状況や、増加する感染者数からも非常に危険な状態が続いています。
    今回の変異株の特徴は『感染力が強い』ということと『感染すると重症化しやすい』という点です。
    そして、この間の感染状況から見えてくることは『30歳以下の方に感染が拡大している』ことと『特に家庭内での感染が増えている』ということです。

「以上の点から、皆さんに改めて心がけていただきたいこと」
    ・食事以外は家の中でもマスクの着用
    ・食事のときは、おしゃべりをせずに食べる
    ・不要不急の外出は自粛する
    ・「密閉」「密集」「密接」の「3つの密」を避ける
    ・人との間隔は2メートル空ける

    特に気を付けていただきたいことは、ソーシャルディスタンスは1m→2mという点と、やっぱりマスクを外すときは『しゃべらない!』ということです。
    そして今まで通りマスクの着用・手洗い・うがいの徹底をお願いします。
    市としてもPCR検査の更なる充実と、大阪で一番に開始しました新型コロナウイルスワクチンの迅速な接種を今後も進めてまいります。
    公共施設のご利用等ご不便をおかけしますが、ぜひご理解とご協力をお願い致します。
    みんなの力を一つにして乗り越えてまいりましょう!!

令和3年4月26日
松原市長  澤井宏文

WHO『セーフコミュニティ』国際認証都市まつばら
全国初となる全小中学校での『インターナショナルセーフスクール』の国際認証を目指します!
『みんなでつくる 安心・安全なまちづくり』

 

市長からのメッセージ
~新型コロナウイルス感染拡大防止の協力について~

 

    新型コロナウイルス感染症に感染される方が爆発的に増加しています。大阪府においては、まん延防止等重点措置の要請区域に指定され、また、重症患者の病床がひっ迫しており、医療非常事態宣言が発出されています。現在の状況が続くと緊急事態宣言の発出に至るのも時間の問題です。
    市民の皆様におかれましては、感染症対策の基本となる、マスクの着用、消毒、3密を避けることを徹底し、不要不急の外出を自粛することを改めてお願いします。一人ひとりが対策をとることで、皆が少しずつ我慢をすることで感染拡大の防止ができます。
    新型コロナウイルス感染症は、「いつでも、どこでも、誰でも」が感染する可能性があるものですが、まずは自己への感染を回避するとともに、他人に感染させないようにすることが重要です。
    本市のすべての保育所や小中学校においては、マスクの着用や消毒をはじめ、常時換気を行うなど感染症対策を徹底しています。
    本市は、4月12日から大阪府下でいち早く高齢者を対象としたワクチン接種を開始しました。今後、一般市民を対象としたワクチン接種を確実に実施していくため、供給量を十分に確保できるよう大阪府や国へ要望をしております。
    安心して日常生活が送れるよう対策をとってまいりますので、市民の皆様におかれましては、今一度、基本的な感染症対策の徹底をお願いいたします。

令和3年4月14日
松原市長  澤井宏文

 

 

 市長からのメッセージ

  

    皆さんこんにちは。松原市長の澤井宏文です。
    令和3年度の大切な予算も全議案可決され、令和3年度のまちづくりがスタートいたします。
    今年度は引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努め、希望する対象者への迅速なワクチン接種を実施してまいります。
    そして子育て支援では、令和2年度も1年通じて待機児童ゼロとなり、3年連続での待機児童通年ゼロを達成いたしました。
    今後も子育て支援施設を活かしながら、松原版ネウボラを推進し妊娠期から出産・子育てと切れ目のない支援を行ってまいります。
    さらには災害対策をはじめ医療・介護予防の実施、まちづくりによる雇用や新たな財源の確保となる賑わいの好循環により、松原市をより魅力的なまちへと発展させてまいります。
    本年度も市民の皆さんの、ご支援とご協力を宜しくお願いします!

令和3年4月1日
松原市長  澤井宏文

WHO『セーフコミュニティ』国際認証都市まつばら
全国初となる全小中学校での『インターナショナルセーフスクール』の国際認証を目指します!
『みんなでつくる 安心・安全なまちづくり』

・過去の市長メッセージはこちら