特定不妊治療助成事業

特定不妊治療(体外受精および顕微授精)の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。

対象者

松原市に住民票があり、特定不妊治療(それに付随する男性不妊治療を含む)を受けた夫婦(所得制限、年齢制限はありません)。

※事実婚も含む

 

助成額

夫婦一組に対して年度に1回50,000円  

申請手続きに必要な書類など

  1. 松原市特定不妊治療助成事業申請書及び口座振込依頼書
  2. 松原市特定不妊治療助成事業受診等証明書(大阪府へ申請される場合はそのコピーでも可)
  3. 住民票、戸籍謄本など婚姻関係と住所を証明する書類(事実婚である場合は、これに加え、事実婚関係に関する申立書) ※松原市が備える公簿などで証明できる場合は省略可
  4. 預金通帳等振込先がわかるもの
  5. 印鑑(朱肉で押すもの)
  6. 特定不妊治療に要した費用の領収書

(注意)1、2は地域保健課の窓口に取りに来ていただくか、下記よりダウンロードしてください。 

(注意)申請期限は、「特定不妊治療が終了した日の属する年度の末日」又は「特定不妊治療が終了した日の翌日から起算して14日以内」のいずれか遅い日となります。

(注意)詳しくは地域保健課までお問合せください。

(注意)大阪府の「不妊に悩む方への特定治療支援事業」については、下記リンクより大阪府ホームページをご参照ください。

このページに関するお問い合わせ先

松原市 健康部 地域保健課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)