B型肝炎ワクチンの予防接種について

B型肝炎ワクチン予防接種をうけましょう

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染で生じる、急性肝炎と慢性肝炎があります。B型肝炎にかかると根治は困難で一生涯にわたり様々な負荷をかける可能性があり、慢性肝炎を発症した場合、のちに肝硬変や肝がんへ進行することもあります。

抗体獲得率の高い0歳の時期に接種をして、予防に心がけることが大切です。

なお、このワクチンは厚生労働省において安全性の高いワクチンであるといわれています。

対象者

松原市に住民票があり、生後1歳に至るまでの人

(標準的には生後2月に至った時から生後9月に至るまで)

接種回数

3回

(注意)3回目は1歳に至るまでに接種すること

接種間隔

1回目接種から27日以上の間隔をあけて2回目接種、さらに1回目接種から139日以上をあけて3回目接種

接種費用

無料

接種医療機関

松原市内の予防接種実施医療機関

(直接電話などで予約してください)

医療機関へ持参するもの

「母子健康手帳」と「子ども医療証」など住所の確認ができるもの

(母子健康手帳を紛失された場合は地域保健課で再発行します)

対象外

  • 母子感染(垂直感染)が疑われる人で、出産直後からの健康保険によるB型肝炎ウイルスの予防接種を受けたことのある人
  • 過去にB型肝炎ワクチンを受けた回数分は任意接種となり、残りの回数分は定期接種として受けることができます

このページに関するお問い合わせ先

松原市 健康部 地域保健課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。