廃止・休止・再開届について

廃止・休止・再開届は来庁対応のみとなり、郵送での受付はできません。電話にてあらかじめ日時をご予約のうえ、各届出に応じた提出書類を持参してください。

複数のサービスについて同時に届出を行う場合、提出書類はサービス毎に作成する必要があります。ただし、介護予防サービスとの併記は可能です。(例:訪問看護・介護予防訪問看護)

第1号事業は様式が異なるため併記はできませんが、共通する提出書類については省略可能です。

廃止届について

提出書類

  • 指定書(原本)
  • 利用者に対する措置状況(任意様式)

留意点

  1. 廃止届の提出期限は、廃止予定日の1ヶ月前です。
  2. 補助金等を受け開設した事業を廃止する場合は、当該補助金の精算手続きが必要となることがあります。
  3. 利用者に対する措置状況については、利用者の個人情報(氏名等)は記載せず、廃止に際し利用者をどこの事業者に何人引き継いだのか等を記載してください。また、届出書の「現にサービス又は支援を受けていた者に対する措置」欄に必要事項を記載できる場合、任意様式での提出は不要です。
  4. 指定書(原本)を紛失した等の理由により提出できない場合、代わりに以下の書類を提出してください。
  • 指定書(原本)を提出できない理由書
  • 法人の印鑑登録証明書

休止届について

提出書類

  • 指定書の写し(原本証明)
  • 利用者に対する措置状況(任意様式)
  • 再開に向けた取り組み計画書(任意様式)

留意点

  1. 休止届の提出期限は休止予定日の1ヶ月前です。
  2. 休止期間は最大6ヶ月です。ただし、休止中に指定の有効期間満了日を迎える場合、指定の更新ができませんのでご注意ください。この場合、休止期間は指定の有効期間満了日までとなります。指定の効力を更新するためには有効期間満了日までに指定基準を満たし、事業を再開(再開届を提出)したうえで、更新申請を行う必要があります。
  3. 利用者に対する措置状況については、利用者の個人情報(氏名等)は記載せず、休止に際し利用者をどこの事業者に何人引き継いだのか等を記載してください。また、届出書の「現にサービス又は支援を受けていた者に対する措置」欄に必要事項を記載できる場合、任意様式での提出は不要です。
  4. 「再開に向けた取り組み計画書」 は、休止の原因となった状況をどのように解決して再開するのか等を必ず記載してください。また、休止の原因が従業者の退職等による人員不足によるもので、再開に向けてハローワーク等に求人募集をしている場合は、上記に加えて以下の書類を提出してください。
  • 求人票の写し

再開届について

再開届は来庁対応のみとなり、郵送での受付はできません。電話にてあらかじめ日時をご予約のうえ、下記の提出書類を持参してください。

複数のサービスを同時に再開する場合、提出書類はサービス毎に作成する必要があります。ただし、介護予防サービスとの併記は可能です。(例:訪問看護・介護予防訪問看護)

提出書類

  • 付表(再開するサービスに対応したもの)
  • 勤務形態一覧表(再開日から4週間分、従業者全員分)
  • 運営規程
  • 資格証の写し(原本証明)

留意点

  1. 再開届は、必ず事業再開前に提出してください。手続きにある程度の時間を要する場合がありますので、余裕をもって準備してください。
  2. 事業再開に際し、管理者等の人員や営業時間等の運営事項に変更がある場合は再開届と同時に当該変更届が必要となります。
  3. 休止の内容によって、その他必要書類の提出を求める場合があります。
  4. 通所介護、介護予防通所介護相当サービス、通所型サービスA、通所リハビリテーションのサービスを再開する場合のみ、上記に加えて以下の書類を提出してください。
  • 介護給付費の算定にかかる体制状況一覧表
  • 算定区分確認表

このページに関するお問い合わせ先

松原市 福祉部 福祉指導課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)