更新申請について

指定の更新申請とは

平成18年4月の介護保険法の改正により、介護サービスの質を確保するため、事業者が指定基準を遵守しているかを定期的に確認する指定の更新制(6年間)が導入されました。一定期間(6年)毎に指定の更新を受けなければ指定の効力を失い、介護報酬の請求ができなくなりますので、必ず有効期間満了日までに更新手続きを行ってください。

更新申請は来庁対応のみとなり、郵送での受付はできません。電話にてあらかじめ日時をご予約のうえ、以下の提出書類を持参してください。

複数のサービスについて同時に申請する場合、提出書類はサービス毎に作成する必要があります。ただし、介護予防サービスとの併記は可能です。(例:訪問看護・介護予防訪問看護)

介護予防・日常生活支援総合事業は様式が異なるため併記はできませんが、共通する提出書類については省略可能です。

提出書類

  • 返信用封筒

更新申請と同時に変更届を出す場合は、変更届出書と変更事項に応じた添付書類の提出が必要となります。また、介護給付費算定に係る体制等に関する届出がある場合は、事前にご予約下さい。

留意点

  1. 提出書類のほかに、コピー等により事業所控えを作成し一緒に持参してください。
  2. 誓約書については、同一法人で複数の事業所がある場合は、同一の有効期間満了日における更新申請に際して、一事業所からの提出をもって他の事業所からの提出があったものとみなすことができます。ただし、この場合は上記の提出書類に加えて「事業所一覧」を他の全ての事業所の申請書に添付することが条件となります。
  3. 指定の有効期間は6年となります。指定の効力を引き続き有効にするためには、有効期間満了日までに更新手続きを行わなければなりません。
  4. 介護予防・日常生活支援総合事業の市外事業所の更新申請については、健康部高齢介護課までお問い合わせください。

指定有効期限を合わせる場合

平成30年度より、更新対象事業所の有効期限と、同一所在地でサービスを行う事業所の有効期限を合わせることが可能となりました。指定有効期限を合わせる場合は、上記の提出書類に加えて「有効期限をあわせて更新する旨の申出書」を提出してください。

(例)訪問看護と介護予防訪問看護の有効期限が異なっているが、有効期限を合わせたい場合

今回更新対象

今回更新対象の事業所
訪問看護(指定有効期間:平成25年5月1日から平成31年4月30日まで)

同一所在地でサービス行う事業所
介護予防訪問看護(指定有効期間:平成25年12月1日から令和元年11月30日まで)

更新申請の流れ

  • 今回の訪問看護の更新申請を行う時に、介護予防訪問看護の更新申請も行う。この際、必要書類に加えて上記の申立書を提出する。
  • 更新後、訪問看護・介護予防訪問看護共に、指定有効期間が令和元年5月1日から令和6年4月30日までとなる。

このページに関するお問い合わせ先

松原市 福祉部 福祉指導課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)