flumpool 山村隆太さん(松原市観光親善大使)より松原市民の皆様へメッセージをいただきました。

松原市民の皆様へ ~flumpool 山村隆太さんより~

松原市の皆様、コロナ禍で大変な毎日だと思います。
誰も経験したことのない事態に、大人も子供もみんなが不安と恐怖を抱いています。
僕らも明日の見えない中、これから暮らしていけるのか、えたいの知れないおもいでいっぱいです。
コロナウイルス対策として「外出の自粛」「手洗いうがい」、そして「3つの密」(密閉、密集、密接)を避けること、これらの自分にできることを今は精一杯やろうと思っています。

コロナ禍が本格化してまだほんの数ヶ月ですが、外に出れない、人と接することができない。今まで当たり前にやっていたことだからこそ、奪われた今、これらの行動の重要さを痛感します。

人が人らしく生きる、自分が自分らしくいる、これができない今、苦しさを感じているのは人間なら誰もが同じだと思います。

僕も片方では、こんな時期だからこそと前向きに、家族と向き合う時間や自分自身の成長に費やす時間ができたんだと、そう言い聞かせながら暮らしていこうとも思っています。

ですが、人はそんなにも強くはないので、どうしようもないことは 誰かに相談したり、救いを求めたり、状況が変わるかどうかよりも、一人で抱え込まずに、まずは心を軽くすることから始めようとも 思っています。

辛い時は助け合う。
当たり前だけど、それも人間らしさなのだとコロナ禍の中で学びました。

毎日、色々な情報が入ってきます。
戸惑いや不安が襲ってくる時もどうか自分らしさを失わず、大切な家族と仲間、そして大切な自分自身を守ってあげてください。

松原の皆さんが無事にコロナの災いを乗り越え、1日でも早く元通りの生活に戻れるように祈っております。


松原市観光親善大使   flumpool   山村  隆太

山村さん画像
flumpool    山村 隆太さん