新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の特例減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少する見込み等のある場合は、介護保険料の減免が受けられる可能性があります。

※該当の有無は、判定フローをご活用ください。

申請期間

令和3年7月1日から令和4年3月31日必着

保険料減免対象者

  1. 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った者⇒保険料を全額免除
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者が事業等の廃止や失業となった者⇒保険料を全額免除
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入の減少が見込まれ、次の(1)及び(2)に該当する者⇒保険料の一部を減免

         (1)事業収入等のいずれかの減少額が前年の当該事業収入等の額の30%以上であること

         (2)減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

            ※事業収入等:事業収入・不動産収入・山林収入・給与収入

            ※減少が見込まれる事業収入等にかかる令和2年の所得金額が0円以下の場合や令和2年の合計所得金額が0円以下の場合は、減免の対象となりません

申請書

添付資料

  1. 死亡の場合は死亡診断書の写し、重篤な傷病を負った場合は医師の診断書
  2. 事業等の廃止の場合は税務署に提出した事業廃業届出書の写し、失業した場合は離職票等の写し
  3. 給与収入の場合は収入減少後の給与明細書等の写し、事業収入・不動産収入・山林収入の場合は収入減少後の収支内訳書等の写し

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送でのご提出にご協力をお願いします。すでに上記要件に該当する場合は早めに申請書を提出して下さい。(令和3年10月末必着)現時点で該当しない場合でも、今後上記の要件に該当することとなった場合は、速やかに申請書を提出して下さい。提出書類等に不備がありましたら、追加で資料等の提出をお願いする場合がありますので、あらかじめご了承ください。