平成29年8月 けが及び安心・安全に関する実態調査アンケート集計結果

けが及び安心・安全に関する実態調査アンケート集計結果報告

 松原市は平成25年11月16日に国内で8番目、大阪で初となるセーフコミュニティの国際認証を取得しました。セーフコミュニティ活動に取り組むにあたり、安心・安全なまちに対する市民の皆さんの意識や状況等を正しく把握し、その予防に役立てるために「けが及び安心・安全に関する実態調査アンケート」を実施し、回答結果を集計いたしました。

 今後は分析結果を活用し、松原市がより安心・安全なまちとなるよう予防対策に取り組んでいきます。

 皆さんのご協力ありがとうございました。

1.調査の目的

 本調査はWHO(世界保健機構)が推奨しているセーフコミュニティ活動の推進のため、松原市における事故や犯罪、けがなどの予防・減少に資する現状の把握及び地域の課題や市民の安心・安全に対する意識などの現状把握を行うことを目的としています。

2.調査の時期

平成29年7月6日から平成29年8月1日

3.調査の対象

平成29年7月1日現在、住民基本台帳に登録されている満18歳以上の3,000人を無作為抽出

4.配布、回収方法

郵送による配布、回収

5.回収数と回収率

送付数

3,000

送達不能数

19

回収数

1,073

回収率

36.0%

内容についてはこちら

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民協働部 市民協働課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)