平成23年11月10日 伊勢市が松原市のセーフコミュニティ活動を視察

伊勢市が松原市を視察

 平成23年11月10日、三重県伊勢市より熊谷教育委員長と、三重県伊勢警察署の小林生活安全課長が本市に視察に訪れ、澤井市長、東野総務部長、市民安全課が応対しました。

 澤井市長は会談の中で、松原市の強みを人と人のつながりが強いことであるとし、協働と検証の2点を重視してセーフコミュニティに取り組んでいると、松原市のセーフコミュニティ活動をアピールしていました。

 歯科医師として開業医もされている熊谷氏は、セーフコミュニティの特徴である予防に重点を置いた考え方に関心をもち、伊勢市でもセーフコミュニティ活動を推進したいと自身の考えを述べておられました。

 また、小林氏は、警察の立場から、同じく犯罪を未然に防ぐことで国際観光として伊勢市を発展させたいとのことです。

 市長との会談の後、市民安全課より松原市のセーフコミュニティ活動の経過や松原市の外傷状況ついて説明しました。

 熊谷氏は、セーフコミュニティについて、安心安全なまちづくりのための手段であって目的ではない。住みたいまちづくりのツールであることがわかったとのことです。

 市では、セーフコミュニティ活動を通して、他市との積極的な交流を進め、より安心安全なまちづくりに取り組んでいきます。

 応対の様子を掲載します。

応対の様子の写真
応対の様子の写真

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民協働部 市民協働課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)