平成23年11月18日・19日 日本セーフティプロモーション学会第5回学術大会に参加

日本セーフティプロモーション学会第5回学術大会に参加

 平成23年11月18日から19日にかけて、大阪府池田市の大阪教育大学学校危機管理サポートセンターにて行われた日本セーフティプロモーション学会第5回学術大会(以下第5回大会)に市民安全課所属職員2名が参加しました。

 日本セーフティプロモーション学会は、事故や事件などによる外傷予防に関する学術調査、活動支援等を行い、市民の安心安全に寄与するための学会です。

 第5回大会では、小諸市で行われた外傷調査アンケートの結果報告や、保健所による自殺対策のためのネットワークづくり、学校における防災教育の現状と課題、乳幼児の事故予防のための教材開発など、第5回大会に参加した各組織が日ごろから活動している内容についての発表が行われました。

 セーフコミュニティに関する発表としては、京都府亀岡市や青森県十和田市、神奈川県厚木市の担当者から、セーフコミュニティ認証取得自治体における情報共有と推進、ネットワークの好事例について説明がありました。

 中でも、青森県十和田市では、自殺対策をきっかけとして、ボランティア組織が中心となってセーフコミュニティ活動を推進してきた経緯が紹介され、地域の問題を地域自らが課題として捉え、保健所や警察署等と連携して取り組んでいるとのことでした。

 1日目(11月18日)の終了後、第5回大会に参加した方々と交流し、松原市のセーフコミュニティ活動の紹介や意見交換を行いました。

 各組織の中心となって活動する方々の熱いまなざしが印象的でした。

 市では、これからも安心安全にかかる組織との交流を通して、情報の取得、意見交換に努めていきます。

 大会の様子を掲載します。

第5回日本セーフティプロモーション学会1の写真
第5回日本セーフティプロモーション学会の写真

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民協働部 市民協働課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)