平成24年9月3日 海外より講師を招き国内自治体参加のセーフコミュニティ研修会を開催

海外より講師を招き、セーフコミュニティ研修会開催

 平成24年9月3日、市役所8階大会議室にて、海外より講師2名を招き、セーフコミュニティ研修会を開催しました。

 この研修会は、本市のセーフコミュニティ推進事業を支援している日本セーフコミュニティ推進機構との共催により開催したもので、国内でセーフコミュニティに取り組む6自治体が参加し、本市からも対策委員会に所属する職員が参加しました。

 講師は、アメリカ ノースカロライナ大学チャペルヒル校の教授で、取組の評価に特化したセーフコミュニティ活動の支援を行っているシュリカント・バンディワラ氏と、韓国亜州大学 医学部 医師であり、同大学内に設置されているセーフコミュニティ認証センター・支援センターのコーディネータとして韓国国内外のコミュニティを支援しているイ・チョンア氏にお願いしました。

 研修会の主なテーマは、『セーフコミュニティ活動の評価の必要性と方法について』で、セーフコミュニティ認証取得の第6の指標 予防活動の効果・影響を測定・評価するための仕組みについて説明するものでした。

 研修会は、2部構成で行われ、第1部ではシュリカント・バンディワラ氏による講演が行われ、第2部では、シュリカント・バンディワラ氏とイ・チョンア氏によるワークショップが行われました。テーマがセーフコミュニティの大きな特徴である評価についてであったため、参加したどの職員も熱心に聞き入りました。

 また、研修会の冒頭には、澤井市長による挨拶があり、セーフコミュニティに取り組む他自治体との意見交換の良い場として活用し、より安心安全なまちづくりを進めていきましょうと呼びかけました。

 研修会の様子を掲載します。

研修会の様子の写真
研修会の様子の写真
研修会の様子の写真
研修会の様子の写真

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民協働部 市民協働課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)