平成27年8月1日 幹線道路防犯カメラの運用を開始

幹線道路防犯カメラの運用を開始しました

 松原市と松原警察署が7月31日に幹線道路防犯カメラ運用管理に関する協定書を締結し、市内主要幹線道路の交差点12箇所に設置した防犯カメラ25台の運用を8月1日から開始しました。防犯カメラを主要幹線道路に設置することで、連続的に発生する広域犯罪等の流入を未然に防ぎ、広域的な防犯環境及び安全で円滑な道路交通の整備を推進し、市民の皆さんが安心・安全に暮らせる地域づくりの実現を図っていくものです。今後は近隣市に幹線道路防犯カメラ設置を協働で呼びかけ、全国的にも例を見ない広域的な犯罪対策防止ネットワークの構築を目指し、市の境界を越えた犯罪の起こりにくい環境づくりにより、犯罪の抑止と犯罪検挙の向上を目指します。

松原市幹線道路防犯カメラ運用管理に関する協定書締結式の写真1
松原市幹線道路防犯カメラ運用管理に関する協定書締結式の写真2
幹線道路防犯カメラ運用開始の写真1
幹線道路防犯カメラ運用開始の写真2

このページに関するお問い合わせ先

松原市 市民協働部 市民協働課
〒580-8501
大阪府松原市阿保1丁目1番1号
電話:072-334-1550(代表)