ヒートショックに気をつけましょう

ヒートショックとは、急激な温度変化により血圧の上昇と下降を繰り返すことによって意識を失うなどの症状を起こすことを言い、重篤な場合は脳卒中や心筋梗塞を起こしてしまうことがあります。特に冬場の冷え込んだ浴室、洗面室、トイレなど極端な温度差がある場所でヒートショックは起こりやすくなります。

「ヒートショックを予防するには」
●入浴についての注意点
1.入浴前と入浴後に水分を補給する。
2.食後や飲酒後の入浴は避ける。
3.部屋間の温度差をなくす。
4.浴槽の湯温は38℃から40℃に。
5.長湯はしない。
6.浴槽からすぐに立ち上がらない。

●トイレでの注意点
1.トイレに暖房器具を置く。
2.いきみすぎない。

ヒートショックにご注意ください

このページに関するお問い合わせ先

松原市 消防本部
〒580-0043
大阪府松原市阿保1丁目16番2号
消防本部 消防署 072-332-3104
電話:072-332-3102(代表)