飲食店等に対する消火器設置基準の強化について

飲食店等に消火器の設置が義務付けられます!

    平成28年12月に新潟県糸魚川市の飲食店で発生した大規模火災によって消防法令が改正され、飲食店等に対する消火器設置基準が強化されました。これにより、火を使用する設備または器具が設けられている飲食店等は、令和元年10月1日から消火器の設置が義務付けられます。
    詳細は、下記リンク先のチラシをご参照ください。

飲食店等に対する実態調査について

    消防法令の改正に伴い、新たに消火器の設置が必要となる可能性のある飲食店等を訪問し、法令改正の概要を説明するとともに、飲食店等の実態調査(建物の状況、店舗内の状況、火を使用する設備または器具の有無、その他必要と思われる事項に関する調査)を行います。
    実態調査は、消防署員が消防車で訪問して行います。
    実態調査は、原則として電話連絡で日時を調整した後に行いますが、電話がつながらず日時の調整が困難な場合等は、直接訪問することがあります。なお、火災等の災害が発生した場合は、災害対応を優先させていただく場合がありますので、ご理解ください。

実態調査に関する注意事項

    実態調査を行う消防署員が、消火器を販売したり点検したりすることはありません。
    実態調査を行う消防署員は、身分証明書を携帯しております。実態調査を行う消防署員を不審と感じた場合は、「身分証明書の提示を求める」、「松原市消防本部に問い合わせる」といった方法で、消防署員であるかご確認ください。

このページに関するお問い合わせ先

松原市 消防本部
〒580-0043
大阪府松原市阿保1丁目16番2号
消防本部 予防課 072-332-3304
電話:072-332-3102(代表)