プラスチックごみ削減について

私たちの生活に身近なプラスチック

 文房具や包装容器のような小さなものから、車や飛行機など大きなものまでプラスチックは私たちの生活になくてはならないものです。

 プラスチックは、軽くて強く、さびたり腐ったりせず、色や形も自由に加工ができるすぐれた材質である一方で、近年プラスチックごみがもたらす環境への影響が課題となっています。

環境への影響とは?

 私たちの生活で発生したプラスチックごみは様々な形で海へ流れます。世界全体で毎年800万トン分のプラスチックごみが海に流出していると推定されており、その結果海が汚染されたり、漁獲量が減少するなど、深刻な社会問題となっています。

出典:政府広報オンライン

 このままのペースで海洋プラスチックごみが増え続けると、2050年には海洋プラスチックごみの量が海にいる魚を上回ると予測されています。

私たちにできること

プラスチックごみの削減に御協力ください!

 市では、プラスチックごみの削減のため、マイバッグ・マイボトルの活用など様々な取組を推進しています。下記に、一人ひとりができるプラスチックごみ削減のための取組を記載しております。皆様のご協力をお願いします!

市民の取組…詰め替え商品を選ぶ、レジ袋を断る、不要なものはもらわないなどリデュースを徹底、マイバッグの持参など

事業者の取組…マイ箸、マイカップ、マイバッグ運動の推進、ストローなどプラスチック製品の使用を控える、過剰なプラスチック製包装を控えるなど

【環境省】 「プラスチック・スマート」キャンペーンの取組についてはこちら

【大阪府】 海ごみ・海洋プラスチックごみに対する取組についてはこちら